結婚相談所の基礎知識と婚活のテクニック

結婚の相手を探す際に、どのような手段を使うべきでしょうか?さまざまな方法がありますが、中でも高い人気を集めているのが結婚相談所です。ここでは結婚相談所の利用についてさまざまな角度からお話したいと思います。 - さまざまな結婚・婚活の形

さまざまな結婚・婚活の形

婚活に励むアラフォー女子は少なくありません。結婚できる人はもちろんいますが、厳しい現実を見つめることができずになかなか抜け出せない人がいるようです。
実は青春時代にモテた経験のある人ほど、結婚が遠のいてしまう「落とし穴」があるのです。

■婚活をプライドが邪魔してしまう
青春時代にモテた人や、周囲から一番先に結婚すると思われていたタイプの人は特に落とし穴に陥りやすいと言われています。これまで恋愛の経験があったがために、結婚する相手への理想像が高くなってしまうのです。
また、周囲の友人が結婚し子供を生んでいる状況もあるため、「良い相手と出会って見返してやりたい」という思いもあり、なかなか現実的な結婚に踏みきれないことが多いのです。

■アラフォー女性が現実的に結婚するなら?
30代後半の女性と結婚したいと考えている男性は、残念ながら「少ない」というのが現実です。少なくとも、同世代の男性と結婚できるのは20代まで、と考えておきましょう。
結婚相手の男性としては+5歳くらいが一つのポイントであり、それを基準として捉えなければ、ゴールにたどりつく事はできないとされています。
これは、もちろん男性にも適用されてきます。40代の男性なのに結婚相手として20代女性を求めるケースもあります。現実的な結婚相手を考えられるかどうかは、婚活する上で重要です。

早すぎも遅すぎもNG!出会いから結婚するまでの期間について

結婚するまでの適切な交際期間についてご紹介しています。恋愛結婚であれば平均して4年以上がほとんどですが、一部の結婚相談所で認めている交際期間は短めです。交際期間が長ければ長いほど離婚率が高くなる統計もあります。

結婚をするまでの交際期間はカップルそれぞれですが、一般的な恋愛結婚の場合は平均で4年以上となるようです。しかし結婚相談所において交際期間は3ヶ月と決められているケースもあります。実際にはどの程度の交際期間が理想的なのでしょう?

■恋愛結婚の離婚率は意外と高い
結婚は一つのゴールではありますが、その後続く長い人生こそ大切です。恋愛結婚で成婚したカップルの離婚率は意外と高いことで知られており、しかも交際期間が長ければ長いほど離婚率が高まるのです。
逆に、お見合い結婚をしたカップルの離婚率は低く、極端な話をすると、結婚後に初めて顔を合わせたようなカップルは離婚がほとんどないとも言われています。

■結婚相談所での「交際期間3ヶ月」はどうなの?
一部の結婚相談所では交際期間が3ヶ月と決められており、その期間内に今後のことを決めなければなりません。3ヶ月という期間を短すぎる、と感じる方の場合はそのような結婚相談所を利用するべきではないかもしれませんね。
しかし上記でも示したとおり、恋愛期間中が長いほど良いという訳でもありません。自身がまだ20代ということであれば交際期間を長く取るべきかもしれませんが、30代以上ともなれば考え方を改めなければならない、という事かもしれません。