結婚できない人が増加している?未婚率は高くなっている

結婚相談所のようなサービスが人気を集めているそもそもの理由は「未婚率の増加」にあります。結婚適齢期に結婚することができず、年齢を重ねてから慌てて結婚をする人が増えているのです。

■収入の格差拡大による未婚率の増加
バブル崩壊から続く不況により、現在ではフリーターや派遣社員のような非正規雇用者が増えています。「結婚したい相手がいるけど、今のままだと将来の設計が立てられない」などのような状態に陥っている人が少なくないのです。
そのような若者が年を取り、安定した収入を確保はできたが婚期を逃してしまったという30代、40代の方が増えています。

■女性の社会進出が未婚率増加に繋がる?
近年では女性が男性なみに力をつけており、社会的にはほとんど同等の立場になれる機会が増えてきました。そのため、結婚をしてまで異性と一緒にいる必要がない、という考えが広まっているのです。
それに加えて収入のある女性は結婚相手に対する条件を高くしてしまうケースが多く、より結婚が難しくなっています。

■自由な発想や生活の多様化
結婚をして子供が生まれると、ライフワークは大きく変化します。大幅に自由が効かなくなってしまうことを嫌がる男女が増えて来たことで、社会的にも未婚が認められるようになってきました。
「世間体が悪いから」などの理由でイヤイヤながら結婚することがほとんどなくなったため、婚期を逃してしまう方が増えているようです。