データマッチング型の利用者はどんな人?

データマッチング型の結婚相談所を利用している人は、どんな方でしょうか? あなたの結婚相手となるかもしれない人が集まっている、という事になるので、慎重に分析しましょう。

■会員数が多いため、さまざまなタイプの人が集まる
結婚相談所をインターネットで探すと、すぐに見つかるのが「データマッチング型」の結婚相談所です。そのため会員数は抜群に多く、さまざまなタイプの利用者がいると推測できます。
ただしアドバイザーが全てを取り仕切ってくれるわけでなく、自分から相手を探したり、パーティーなどへ参加する必要があるため、自発的に恋愛に関わっていける人でなければ成婚は難しいのです。

■恋愛経験の少ない人は少ないかもしれない?
結婚相談所に来る目的は全員が同じでも、そうなる経緯はさまざまです。仕事に打ち込み過ぎて婚期を逃した人や、恋愛をそれなりにしてきたものの結婚相手となる人が見つからない人がいれば、異性との会話が苦手で恋愛経験があまりない人もいます。
データマッチング型の結婚相談所では、恋愛経験が少ない人は相手を探しにくい傾向にあるため、このようなタイプの人と出会う可能性は、その分低くなるということにもなります。
つまり「自分は異性との会話が苦手なので、相手から積極的に話しかけられるのは困る」という要望は、少なくともデータマッチング型の結婚相談所では難しいといえます。